雑記帳
ここはhideyosiの雑記帳です。テケトーに書き散らしてるだけなので間違っていたりとは普通にしてます。信用度は相当低いことをあらかじめご了承を。またご覧のようにWikiを使ってますが、hideyosi意外は書き込めません。

リビジョン106と107の差。いらない関数を省いたので当然カーネルの大きさが違う。

106が54,583バイト。107が53,311バイト。当然使用しているクラスタ(セクタ)の数が違う。106は107セクタ。107は105セクタ。

えーっと。まず。ディスクからはこれ、ちゃんと読まれているかな? ipl09.nasの現在の状態だと、18*2*9-1。すなわち288セクタが起動時に読み込まれている。288セクタだから・・・147,456バイト・・・。 うむ。確実にカーネルは読み込まれているはずだね。

次。メモリへの転送。 はりぼてはIPLで147,56バイトを0x8200に読み込む。ええと・・・そうすると、 0x08200〜0x2C200だね。

さらにharibote.sys内のコードで32ビットに切り替えた後、0x280000に向けて転送している。量はええと・・・512*1024/4だから・・・0x20000。0x280000〜0x29FFFFまでかぁ。 ・・・あれ? 違う!!

いっけねぇ。そうだよ。32ビットだから一回で4バイトを転送できるんだよ。だから512*1024バイト。0x280000〜0x2FFFFFまでだ!

・・・あっれえぇぇぇぇ???

たしかにカーネルはだいぶ大きくはなってきたけど、この流れを見る限りでははみ出したりするようなことってちょっと考えにくいなぁ・・・。 (はりぼてが設計時にかなりマージン取って置いてくれてる)


Last-modified: 2012-10-22 (Mon) 22:05:16 (GMT) (2891d) by