はりぼて日記
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10
2006 | 11 | 12
5月 14 (月曜日) 2007
16:51
14日目2
 
14日目2〜



ヽ(`Д´)ノモルァ わかんねー!

棚上げは棚上げで進もう!





 
name: @Guest  Comment:
5月 13 (日曜日) 2007
21:24
14日目
 
14日目〜



うみゅーー!

ここまでで一息入れて、これまででわからなかったことを整理しろと!?

ふーむ。今現在オイラが解っていないことはここのリストにまとめてある。一度調べてみるか・・・
 
name: @Guest  Comment:
15:51
13日目
 
13日目〜。



ほうほう!

いろいろとチューニングが入ってきましたねぇ。



同じ構造なら一個にまとめてパラメータ?で管理・判断させる

わけかぁ。なるほどなぁ。





P262

・・・ここ! ここだよここ!

いっやぁ〜。これがわからなかったんだよなぁ。今はまあ少なくとも

理屈の上では理解できるので、やーっとコードをふむふむと読むこと

ができる。

以前理解した時の記録〜。ご参考に。





ふむ〜?

一巡目にここが分からなくて猛烈にお勉強したせいか!?

なんかツルツルと解り過ぎて書くことがないぞ!?

(えっへん!!)



そんなわけで、13日目終了〜

 
name: @Guest  Comment:
14:59
12日目2
 
12日目2〜



P239

ふむ。これはいつものパターン(もしくはKタンのクセ?)ですね。

 ・タイマーを複数用意する

 ・おのおのは構造体として定義される

 ・構造体内に「マーク」用変数を置き、これにより確保開放をする

 ・確保(alloc)はマークを付け、ポインタとして返してくる

 ・確保し(alloc)あらためてセッティングをする



大雑把にいってこういう感じですなぁ。





P243

うーむ。1巡目もそうだったけど、このチューンは目からウロコですよねぇ?。こうやってC言語でOKの状態になり、アセンブラとご無沙汰していると忘れがちなことですねぇ。





P244

あはははは! 某OSの不具合〜(^^





そんなわけで、12日目終了〜

 
name: @Guest  Comment:
5月 11 (金曜日) 2007
19:13
12日目
 
12日目〜。



タイマーですな。

ふむ・・・こういっちゃぁ生意気ですが、本に書いてあるとおり、

これまでの経験(特にGDTや画面高速描画)を踏まえると、確かに

ここは簡単ですねぇ〜。





ちょっと思い出:

1巡目の時、P235のタイマ構造体を見たとき、「ん?なんでこんなのを

構造体にするんだ?。たかだか一個の要素しかないのに?」と思い、

すぐに「あぁ!そうか!すぐに要素を増やすことがもうわかりきって

いるからかぁ」と独り言を言ったのを思い出しました。(^^

 
name: @Guest  Comment:
18:44
11日目
 
11日目〜



チョンチョンと進んで・・・



P216。

なる〜。どうせ絶対に受け渡す変数(構造体)なんだから、あらかじめまとめちゃう(というか、内蔵しちゃう)わけですね。



ふむふむ〜

なるほどぉ!

マップの発想はおもしろいですよね?。単純な上下関係だけの値だから計算もいらないし画面の描画をしないので早い。で、作業や計算が全部終わった後で変更箇所だけを選定して一気に書き換える。



これなら確かに早いですよね!?



・・・うーむ。しかし・・・

なんか、もっとなんかいい方法があるような気がする〜。

なにか・・・

(まあそれはとりあえずは後で自分で工夫するか!)



そんなわけで、11日目終了〜







超余談だが、そろそろ本の綴じ部がヤバくなってきた・・・(汗



オイラの場合はP224とP225の間に、糊が見えてきている。やべー!







 
name: @Guest  Comment:
5月 06 (日曜日) 2007
17:19
10日目3
 
うーむ・・・



P207のチューンの部分。プログラムは読めるんだけど、

なんだかピンとこない・・・

うまくいえないけど、もうちょっとシンプルでいい方法がなーんか

あるような気がしてならない・・・





生意気盛り



そんなわけで、10日目とりあえず終了〜
 
name: @Guest  Comment:
16:03
10日目2
 
む!? メモメモ・・・



P201

sizeof (変数型)とすると、その変数(もちろん構造体も変数型の一種)が使うバイト数を自動計算してくれる





同じくメモメモ・・・(これは知っているけど)



P202

&xxx とすると、変数xxxが使用しているメモリの番地を返してくれる

これはちょうどポインタと逆の発想だよね?





P203

はい!つらいです! まだまだ・・・ <ヘタレ



とはいえ、我ながらずいぶん上達したなぁとは感じます。

つらいけど読めますし、なんと生意気に「こんなベタな並べ替えじゃ数が増えたら無駄だなぁ・・・FIFOみたいなうまい方法あるはずだ」なーんて発想まで出てきますた! (^^;





P207



おぉっと! オイラ風情が考えることは当然のごとく予測済みとは!

そんなわけで、ベタな手法からチューニングへ!

 
name: @Guest  Comment:
14:04
10日目
 
10日目〜



ふむふむ。P195付近の切り上げ切捨てはおもしろいなぁ。

こういうのを「アルゴリズム」っていうのかな。

原点に立ち返れば、「CPUは計算なんか出来ない!」わけで、

「結果が常に同じになればそれでいい」という考えを先に

もっていないと、思いつくことはできないかもな部分。





ここでちょっと脱線。可読性。読みにくいより読みやすいほうがいい

のは当然だよね?。でも、この処理をパッと見た瞬間にこれが

切り上げ切り捨てだとわかる?。あるいは、アナタは慣れている

ので解るだろうけど、可読性という目で見た場合、これはどう?



少々乱暴で独断と偏見に満ちたド素人の発言ということでご容赦

頂きたいんだけど、「わかりやすい」ってのは結局は幻想なの

ではないだろうか。もちろんわかりやすくしようという努力を

否定するものではないけど、「わかりやすい」に凝り固まり過ぎて

いると、それによって失われるものが見えなくなってしまうと思う。

同時に、「オレが解るものは解りやすいもので、オレがよくわからないものは

可読性が悪くて解りにくいもの」っという偏った考えを本当にして

いないのかな?と、時々自分自身でチェックすることも大切なような

気がしてならない。



 
●K@Guest -- 10/21 22:59
「結果が常に同じになればそれでいい」というのがいい言葉だと思います。

name: @Guest  Comment:
12:37
9日目
 
9日目〜。



うーん・・・特に記することなくスルスルっと終了。

(2巡目の強み??) (^^
 
name: @Guest  Comment:
(1) 2 » 

PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.